BEPPO!
BLOG

スタッフブログ

家庭でもできる
お掃除豆知識などをご紹介

2021/07/19

エアコンクリーニングを依頼するならどのくらいの頻度ですべき?!

エアコンクリーニング

家の掃除なら毎日、少なくとも数日に1回はするものですが、エアコンのような大物となると、なかなか頻繁に掃除をするわけにもいきません。
自分1人でするのも難しそうですし、やはり業者に依頼して綺麗にしてもらったほうが安心です。

理想的なエアコンクリーニングの頻度は?

エアコンクリーニングの頻度は、1年~2年に1度が理想的だと言われています。
とくに夏や冬の間、毎日長時間使用し、フィルターを洗う暇もないほど稼働し続けているようなエアコンなら、1年に1度はエアコンクリーニングをしたほうが良いでしょう。

ほかにもこんな条件に当てはまるのであれば、できれば1~2年に1度、エアコンクリーニングをおすすめします。

・夏場の使用時間が長い
・キッチン、またはキッチンの近くの部屋にある
・ペットを飼っている
・家族に赤ちゃんや子供がいる

夏場の使用時間が長いと、内部で結露が起き、カビが生えてしまうことがあります。
また、キッチンやキッチンの近くに設置されていると、見えない油汚れがつき、その上にホコリがへばりついて…という汚れの悪循環が起こりがちです。

そこにペットを飼っているとなると、動物の毛が絡み、エアコン内部にはさらに汚れがビッシリついてしまいます。

家族に赤ちゃんや子供がいるのなら、エアコンの風で出てきたそれらの汚れに悪影響を受けてしまいかねません。
大人も快適な生活に黄色信号が点ります。
このような状態なら、1~2年に1度はエアコンクリーニングを検討してみてくださいね。

もしもこのような条件に当てはまらず、とくに不具合を感じていないのなら、3年に1度のエアコンクリーニングで充分です。
ただ、汚れや臭いが気になるようであれば、時期を待たずにクリーニングしたほうが良いでしょう。

こんなときにはすぐ依頼を!

1~2年に1度、3年に1度は、あくまで「理想的な頻度」です。
エアコンに普段と違う様子を感じたり、あまりにも汚れがひどいようであれば、できるだけ早めにエアコンクリーニングの業者を手配しましょう。
とくに以下のような症状が確認できるときには、早急な手配をおすすめします。

・吹き出し口から黒カビが見える
・エアコンの風が臭い
・送風ファンにホコリや黒カビが見える
・エアコンの効果が低い
・呼吸器や肌にアレルギー反応が出る

これはいずれも放置しておきたくない状態です。
とくに黒カビやホコリは健康にも悪影響を及ぼします。
カビは呼吸器系、ホコリはハウスダスト系のアレルゲンの1種です。
放置しておくと健康に害を及ぼす恐れがありますので、すぐにエアコンクリーニングをしてくださいね。

「黒カビやホコリが見えないからクリーニングは必要ないかも」と思っても、エアコンの風が臭ければ要注意です。
外からは見えないエアコンの内部に、カビが繁殖している可能性が高くなっています。

エアコンクリーニング依頼に適している時期

それほど緊急性がない状態なら、やはり1~2年に1度、あるいは3年に1度程度でも綺麗な状態を保てます。
次は「いつ頃の時期に依頼するのが良いのか」についてチェックしましょう。

エアコンクリーニングに適している時期は、春や秋の終わり頃です。
エアコンの使用頻度が高くなる季節の直前あたりが理想的です。
目安としては4~5月、もしくは9~10月が良いでしょう。
地域の気候によってエアコンの稼働が早い・遅いもありますので、あくまで目安として参考にしてくださいね。

この時期ならエアコンクリーニングの予約も少なく、余裕を持ったスケジュールで業者を呼ぶことができます。
閑散期の対策として料金に嬉しいサービスをしてくれる業者もいるため、ちょっとしたお得感を感じられる時期でもあります。

逆に、6月~8月といった、冷房をフル稼働させることが増える時期は、あまりおすすめできません。
この時期のエアコンクリーニング業者は大忙しです。
予約を取るだけでひと苦労でしょう。
需要が高い時期だけに、料金に関しても、安くなることはほとんどありません。

自分でもできるエアコンクリーニングと注意点

エアコン内部

エアコンクリーニングは、一部であれば自分でも掃除ができます。
手が届く部分だけでも普段から掃除をしておくと、カビやホコリの発生度合いを減らすことに繋がりますので、余裕があるときにはぜひトライしてみてください。

自分で掃除ができる部分は、本体外部とエアコンフィルターです。
この2つはとくに難しい掃除を必要としないので、「ちょっと本気で掃除をしようかな」というときにおすすめです。

本体外部はカバーとルーバーの汚れを拭き取ります。
ホコリが溜まっているときは、掃除機で吸い取ってしまうのも手軽に綺麗にできておすすめです。
無理はしなくて良いのですが、取り外せるようなら取り外し、お風呂場で水洗いをすると、さらに効果的です。

フィルターは取り外しが簡単です。
取り外したあと、掃除機でホコリを吸い取り、お風呂場で水洗いをしましょう。
乾いてからエアコンに戻して完了です。

外部やフィルターはこれで綺麗になりました。
すると内部が気になるものです。
「エアコンスプレーも売ってるし、内部も自分で掃除できそう」と思う人がいるかもしれません。

しかし、エアコンスプレーの利用はおすすめできません。
エアコンメーカーの各社では、エアコンスプレーを使用せず、専門知識を持ったクリーニング業者へ依頼するように強く呼びかけています。

エアコンスプレーは使いかたを間違えたり、かかってはいけない部品にスプレーしてしまうと、エアコンの故障や発煙・発火の可能性があるためです。
エアコンスプレーを使いたくなるような内部の汚れは、エアコンクリーニング業者に依頼しましょう。

プロのエアコンクリーニング業者が手がける部分

エアコンパーツ

自分で本体外部やフィルターのお掃除をしたら、内部はプロに任せましょう。
確かなノウハウと技術で安心・安全にクリーニングをしてくれます。

プロがおこなうエアコンクリーニングは高圧洗浄です。
カバーを取り外し、普段は見えないエアコン内部のフィンやほかのパーツの汚れを専用の洗浄剤を使い、高圧の水で取り除きます。

水で汚れを落としたら、今度は洗剤を使って部品をクリーニングします。
業者によってはエコ洗剤やナチュラルクリーニングに対応していることもありますので、化学洗剤の使用が気になる人は依頼のときに確認してみてください。

本体と各部品の洗浄・乾燥が終わったら、部品を取り付けて完了します。
きちんと作動するかどうか試運転をして、問題がなければエアコンクリーニング成功です。

エアコンクリーニング業者に依頼する部分は、「自分で掃除ができない部分すべて」と考えておいて差し支えないでしょう。
具体的には本体外部、フィルター以外はすべて任せたほうが安心です。
確実に綺麗になりますし、何より安全です。
プロの技術で快適なエアコンライフを楽しみましょう。

エアコンクリーニングはメリット大!

エアコンクリーニングは、快適な生活をするためにぜひ取り入れたいお掃除です。
エアコンを綺麗にするだけで生活の質が上がり、健康で楽しい毎日を過ごしやすくなります。
具体的には以下のようなメリットがあります。

1.電気代の節約に繋がる

エアコンに汚れが溜まっていると、冷房・暖房効率が悪くなります。
なかなか涼しくならない、暖かくならない部屋にイライラして、ついついリモコンを操作してしまうことに。
電気代が上がる原因です。
エアコンクリーニングで効率を上げれば、無駄な電気代をカットできます。

2.カビやホコリのアレルギーを軽減できる

前述の通り、エアコンから出るカビやホコリはアレルギーの原因になります。
もともと持病がある人なら、冗談では済まないことにもなりかねません。
また、日頃は健康な人でも、咳き込んだり肌がかゆくなったりといった不調を感じる可能性があります。
綺麗な空気なら、そんなことは起きません。
清潔なエアコンならクリーンな風が出てくるので、快適な環境を保つことができます。

3.エアコンの故障を防げる

汚れが溜まるとエアコンの動力部分に負荷がかかり、故障を起こすことがあります。
たかが汚れ、されど汚れです。
カビやホコリ、油汚れや煙草のヤニ汚れ、すべてがエアコンの寿命を縮めます。
定期的なクリーニングが、何よりのメンテナンスに繋がります。

4.嫌な臭いがしなくなる

エアコンを付けるたび、カビ臭やホコリの臭い、ほかの汚れの臭いが充満するのは嫌なものです。
生活の質も落ちてしまいそうです。
定期的なクリーニングをすれば、嫌な臭いを撃退できます。

自分でフィルターを洗うだけでも快適度が上がる

エアコンフィルター

業者に頼んで大がかりなエアコンクリーニングをするだけではなく、日頃から自分で小さなメンテナンスをすることも、快適なエアコンライフに効果的な方法です。

とくにおすすめする方法は、フィルターのクリーニングです。
気合いを入れた掃除のときだけではなく、思い出したときにお風呂場へ持って行き、シャワーでざっと流すだけでも充分です。
ただ、水で流したあとはしっかり乾燥させてください。
水気が残ったままエアコンに戻すと、故障やカビの発生の原因になってしまいます。

フィルターの掃除の頻度は、頻繁にエアコンを使う時期なら1週間に1回程度、多少使う程度なら2週間に1回程度を目安にしましょう。

エアコンをまったく使わない時期もあるかもしれませんが、それでも生活のホコリを始めとした汚れが入りこみがちです。
2週間に1度の掃除が理想的ですが、面倒であれば1ヶ月に1度程度でも充分でしょう。

フィルター部分は汚れが目視しやすく、汚れを落としやすい場所でもあります。
短時間ですっかり綺麗になるのですから、ぜひ普段からお手入れをしてみてください。

健康と快適な暮らしのためにエアコンクリーニングを!

エアコンクリーニングは快適な生活に欠かせません。
自分でできる部分もありますが、難しい部分は業者に依頼してしっかり綺麗にしてもらいましょう。

依頼の頻度は1~2年に1度が理想的です。
時期は4~5月や9~10月、エアコンの使用頻度が高くなる季節の直前が向いています。

しっかりクリーニングしたエアコンは気持ちの良い風を出してくれます。
健康と快適な暮らしのためにも、ぜひ定期的なエアコンクリーニングをしてください。

この記事を読んだ人はこんな記事も見ています

BEPPO!へのご予約・ご相談はこちら!

CONTACT
受付時間 / 平日9:00〜18:00
LINEのQRコード

経験豊富なスタッフにお任せください!

LINE友だち登録で簡単やりとり!「@beppo」で検索!または左記のQRコードから!

BEPPO!スタッフの写真
今だけクーポン配布中!LINE友だち登録で10%OFFクーポン進呈期限はないので今すぐGet!